ロジカルシンキングとは

ロジカルシンキングとは直訳で「論理的思考」という意味です。論理的思考とは目の前に横たわる問題を解決するために、様々な観点から解決策を検討し、当事者全員が「なるほど」と思える対策や対処法を見つける手法です。


例えば、日本マクドナルドの売上を上げるには?”というテーマで議論する場合、突然

Aさんが「マクドナルドでお酒を販売してマクドナルド居酒屋を作ろう」と意見し、
Bさんが「ハンバーガー食べ放題のメニューを作ろう」と意見した場合、比較する術がなく当然議論になりません。代わりに、

 

そもそも売上って何だったっけ?
マクドナルド売上 = マクドナルド店舗数 × 一店舗あたりの平均売上だよ
日本の人口は減っているし、店舗数は増やさず、一店舗あたりの平均売上を伸ばそうか
一店舗あたりの平均売上 = 一店舗あたりの購入者数 × 購入頻度 × 平均客単価だね
じゃあ購入頻度を伸ばそうか。なぜなら・・・・

 

というようにテーマに対して抜け漏れなく段階的に考えるのがロジカルシンキングのイメージです。ロジカルシンキングにはベースとなる「型」が存在するので、次回以降に記載します。


スポンサードリンク

ロジカルシンキングの最新記事8件

>経営学を学びたい人におすすめです

経営学を学びたい人におすすめです

オンラインでマサチューセッツ大学のMBAを取得できます。経営学を学べるだけでなく、履歴書にも箔が付きます。自分だけの武器を作ってください。

CTR IMG