ポジショニングとは(ポジショニングマップの例も紹介)

ポジショニングの意味

ポジショニングとは市場で自社の強みを活かせる立ち位置を探し出し、顧客にその価値を認識してもらうことで、競合に対して差別化を行うための活動です。例えば、ひと昔前は車のサイズと車内の広さで以下のようなポジショニングマップを作ると、小型で車内が広い車は世に無い状況でした。そこで、このポジション向けに開発されたのがコンパクトカーです。当然、小さい車が良いけど車内は広く使いたいという要望を持つ顧客層に好評でコンパクトカーはヒットしました。
.
車のサイズと車内の広さのポジショニングマップ例.
引用:マンガでやさしくわかるマーケティング(2014, 安田 貴志)

ポジショニングのコツ

先ほどサラッとポジショニングマップを記載しましたが、ポジショニングを検討する際は2つの特徴を2軸でマッピングしたポジショニングマップを作成するのが一般的です。なぜなら経験則で人が商品やサービスについて強く認識する特徴は2つまでと言われているので、3つ4つ特徴を訴求すると、特徴がぼやけてしまい、むしろ特徴が無いように顧客は感じてしまうからです。そして、2つの特徴を決める際に重要なポイントが大きく2点あります。1つ目はターゲット顧客にとって魅力的な特徴になっているか、2つ目は自社の強みを活かせているかです。顧客にとって魅力的で自社の強みを活かせる軸を探すことが重要なのです。

セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング(STP)の中の位置づけ

一般的なマーケティングプロセスでは、市場をグループ分けするセグメンテーションを行い、次にグループ分けした中から、どのセグメントを狙うのかを決めるターゲティングを行います。そして、そのターゲティングした市場で自社は他社に対してどのような立ち位置で攻めるか明確にするのがポジショニングなのです。これらはSegmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング)のそれぞれの頭文字を取ってSTPと呼ばれ、「誰にどんな商品価値を訴求してモノを売れば喜んで購入してもらえるのか」を検討するための大事なマーケティングの基本プロセスです。 よって、ポジショニングだけでは意味はなさず、常にセグメンテーション、ターゲティングとセットで使えるようになることが重要です。(STPとはセグメンテーションとはターゲティングとはの記事についてはそれぞれクリック)
.
.
STOにおけるポジショニングの立ち位置.
マーケティングの記事一覧はコチラ


スポンサードリンク

当サイトのランダム記事2つ

バリューチェーン分析の意味 バリューチェーン(Value Chain)は1985年にハーバード大学経営学教授のマイケル・ポーターが提唱した概念で、価値連鎖と直訳します。企業は単独の活動や別々の独立した活動によって付加価値を生み出しているのではなく、例 […]

近年では変化が目まぐるしい時代になっており、時には既存の組織文化を破壊して新しい方法で変化に対処することが必要です。心理学者のクルト・レヴィンはこのような変革の成功には「解凍」,「変革」,「再凍結」の3つのプロセスが必要だと提唱しました。これがクルト […]



スポンサードリンク

>経営学を詳しく学びたい人におすすめです

経営学を詳しく学びたい人におすすめです

ビジネススクールを運営する「グロービス」が提供する定額制動画学習サービスです。 私も重宝しておりますが、マーケティングや財務、テクノべートなどあらゆる動画が2,800本以上見放題なので、ビジネス書が不要になります。あと、めちゃくちゃ分かり易く、3分からの動画もあるので、スキマ時間にも利用できておすすめです。レビューも書いたので少しでも気になる方はコチラを読んでいただけたら嬉しいです。

CTR IMG