ミッシー(MECE)とは

ミッシー(MECE)の意味

MECEとはMutually Exclusive Collectively Exhaustiveの略で、日本語ではミッシーと呼ばれ、“モレなくダブりなく”の意味です。ある集団がモレもダブリもないように分類、分解されていることを指します。

(例)
・人を[男], [女]で分ける
ミッシーである

・成人女性を[学生], [会社員], [主婦]で分ける
ミッシーでない

例えば[フリーター]はどこにも分類されずモレがあり、[社会人]兼[主婦]のような人はダブって分類されてしまいます。

 

ミッシー(MECE)の詳しい説明

ミッシーのイメージを図示すると以下のようになります。

・人を[男], [女]で分けた場合
人を男と女で分けたミッシーの例モレなくダブりないミッシーな分類です。

 

・成人女性を[学生], [会社員], [主婦]で分けた場合

成人女性を学生と会社員と主婦で分けたミッシーの例モレあり、ダブリありのミッシーでない分類となります。

ミッシーに分類することは物事をロジカルに考える際にかなり重要です。例えば、成人女性向けに化粧品を開発するという場合、先ほどのように成人女性を[学生], [会社員], [主婦]と分けてしまうとモレている[フリーター]を取り込むチャンスを逃してしまいます。また、[社会人]と[主婦]にダブル人(兼業主婦)については、無駄で効率の悪い分析をすることになります。逆にミッシーな分析ができるようになれば、説得力のある結論を効率よく導くことができます。ミッシーの分け方には幾つか確立された手法とコツがあるので、次の記事に記載します。(ミッシー(MECE)分け方のコツ)
.
ロジカルシンキングの記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

ミッシーに分ける方法は、大きく4点あります。 (1) フレームワークを用いる ミッシーに分けて考える手段を、先人達はフレームワークとして残してくれています。“3C”や“4P”と言ったフレームワークは誰もが一度は耳にしたと思います。例えば3C[…]

当サイトのランダム記事2つ

ハーズバーグの二要因理論の意味 二要因理論とは、1960年代にハーズバーグ(Herzberg)が提唱したモチベーションに関する理論です。仕事に対して満足感を感じる動機づけ要因と不満を引き起こす衛生要因は分けて考えるべきということを述べています。 動機 […]

経験効果の意味 経験効果とは累積生産量が多くなればなるほど、その製品一つあたりのコストが安くなることを指します。これは1972年にボストンコンサルティンググループが発見した経験則で、一般的に累積生産量が2倍になると一つあたりのコストが10%~30%ず […]



スポンサードリンク

ロジカルシンキングの最新記事8件

>経営学を詳しく学びたい人におすすめです

経営学を詳しく学びたい人におすすめです

ビジネススクールを運営する「グロービス」が提供する定額制動画学習サービスです。 私も重宝しておりますが、マーケティングや財務、テクノべートなどあらゆる動画が2,800本以上見放題なので、ビジネス書が不要になります。あと、めちゃくちゃ分かり易く、3分からの動画もあるので、スキマ時間にも利用できておすすめです。レビューも書いたので少しでも気になる方はコチラを読んでいただけたら嬉しいです。

CTR IMG