ミッシー(MECE)分け方のコツ

ミッシーに分ける方法は、大きく4点あります。

(1) フレームワークを用いる

ミッシーに分けて考える手段を、先人達はフレームワークとして残してくれています。“3C”や“4P”と言ったフレームワークは誰もが一度は耳にしたと思います。例えば3Cは市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の頭文字を取ったもので、ビジネスを三つの異なった視点で分析し、課題や成功要因を特定する手法です。そして、これがまさにミッシーな分析になっています。この三つを押さえておけば、事業の大枠をモレなくダブリなくカバーすることがきます。マーケティングで聞くフレームワークとは物事をミッシーに考えるために先人が残した手法なのです。

 

(2) プロセスで分解する

ある状態をプロセスで分解して、どこにどのような特徴や課題があるかを検討します。例えば「彼女ができない」といった課題があったとして、彼女ができるまでのプロセスは以下のようになる。彼女ができるまでのプロセスをミッシーで分けた例これもミッシーになっており、課題がどこにあるのか効率よく分析できます。例えば、もし女性との出会いが無いのであれば、デートマニュアルなど読んでも意味は無く、まずは出会いの場に行くことが重要だと分かります。

 

(3) 変数に分解する

ある要素をその要素を構成する変数に分解して、どのような特徴や課題があるかを検討します。例えば「売上が伸びない」といった課題があったとして、売上を変数に分解すると以下のようになる。

売上 = 購入者数 ×  購入頻度 × 平均客単価

これもミッシーになっており、例えば、もしお客さんが多く、リピートもしてくれるのに売上が伸びないのであれば、平均客単価を上げることが重要だと分かります。

 

(4) 判断要件を洗い出す

ある状態を判断要件で洗い出して、どのような特徴や課題があるかを検討します。例えば「サッカー部に所属するもレギュラーに選ばれない」といった課題があったとして、能力を判断要件で洗い出すと以下のようになります。

サッカーの能力 = 心 ・ 技術 ・ 体

これもミッシーになっており、課題がどこにあるのか効率よく分析できます。


これまでミッシーに分ける方法を4点記載しましたが、臨機応変に使い分けていきましょう。正解は無いので、使いやすいものを用いれば良いです。ただ、まずはフレームワークで当てはまるものが無いか考えてみましょう。なぜならフレームワークを使うと、一から考える時間を省け、他者もフレームワークを知っているので、説明する際に理解されやすいからです。
.
ロジカルシンキングの記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

ロジックツリーは一つのことをどんどん分解していくのに便利な手法です。具体的にはまず大本となる課題やテーマを設定し、そこから枝分かれさせながら要素を書き出し、設定したテーマを分解していきます。例えば“利益”をロジックツリーで分解すると以下のよ[…]

当サイトのランダム記事2つ

リーダーシップの考え方は時代と共に変化しており、 ① 特性理論:リーダーシップは生まれつきの才能という考え方 ② 行動理論:教育や訓練でリーダーシップは身に付くという考え方 ③ 状況適応理論:リーダーシップの有効性は状況により異なるという考え方 と形 […]

AIDMA意味 AIDMAとは、日本語で“アイドマ”と発音し、顧客が商品を買う際の心理状況の変化を示したものです。顧客は商品を購入するまでに、商品を認知(Attention)して、興味(Interest)持ち、興味を持った商品が欲しくなって(Desi […]



スポンサードリンク

ロジカルシンキングの最新記事8件