ロジックツリーとは

ロジックツリーは一つのことをどんどん分解していくのに便利な手法です。具体的にはまず大本となる課題やテーマを設定し、そこから枝分かれさせながら要素を書き出し、設定したテーマを分解していきます。例えば“利益”をロジックツリーで分解すると以下のようになります。


ロジックツリーのメリットは図解することにあり、複雑な構造がシンプルに表現でき、全体をイメージし易くなることです。また、どこの要素が抜けているのか、漏れているのかを確認することもできます。ビジネスの現場では課題特定の場でよく使用され、例えば、利益が目標に届かなかったのはなぜだ?”という課題について先ほどのロジックツリーを用いて考えると、「変動費、固定費は目標達成で費用面では問題ない」,「値下げも行わず客単価も問題ない」,「客数ではリピート客は計画通りだが、新規客は計画をクリアできていないかもしれない」といったように課題を深掘りして考えることができます。


これにより、「利益が目標に届かなかったのはなぜだ?」という課題から「新規客の獲得が目標に届かなかったのはなぜだ?」と課題を具体化できるため、課題に対する対策案も考えやすくなります。
.
ロジカルシンキングの記事一覧はコチラ


スポンサードリンク

当サイトのランダム記事2つ

結論から書きます。面接で自己PRや志願動機のセリフを覚えるべきか迷っている方は多いと思いますが、セリフは覚えず、面接前に話の方向性を整理しておく程度で良いです。採用側の立場からして、最も確認したい部分は学生の人間性(内面)であり、セリフを覚えて発言さ […]

期待理論は1964年にブルームにより提唱されました。動機付けの強さは期待×道具性×誘意性の掛け算によって決まるという考え方です。 期待:目標の達成率 道具性:目標の達成によって、更に上の目標を達成するのに役に立つかどうか 誘意性:お金や昇進などの外発 […]



スポンサードリンク

ロジカルシンキングの最新記事8件