演繹法と帰納法とは

概略

演繹法とは、事実や一般的な法則(一般論)から結論を導き出す方法

(例)
 一般論:「人は人生で恋をする」
 事象:「Aさんは人だ」
 結論:「Aさんは人生で恋をするだろう」

帰納法とは、観察される複数の事案の共通項に着目し、結論を導き出す方法

(例)

 事象:「Aさんは恋をした」
 事象:「Bさんは恋をした」
 事象:「Cさんは恋をした」
 結論:「人は恋をする」


本文

ある問いに対し、自らの「主張」を述べる際には「根拠」を表す必要があります。主張と根拠が結びつかなければ説得力のある主張になりません。主張と根拠を結びつけるためのベースとなる「型」が“演繹法”と“帰納法”の二つです。

【演繹法】
事実や一般的な法則(一般論)から結論を導き出す方法


(例)

 


【演繹法】
観察される複数の事案の共通項に着目し、結論を導き出す方法


(例)


【演繹法と帰納法の組み合わせ】
帰納法により導いた結論を演繹法の一般論に用いて結論を導く方法もあります。

(STEP 1) 帰納法で結論を得る


(STEP 2) 帰納法で導いた結論を演繹法の一般論に用いる




スポンサードリンク

ロジカルシンキングの最新記事8件

>経営学を学びたい人におすすめです

経営学を学びたい人におすすめです

オンラインでマサチューセッツ大学のMBAを取得できます。経営学を学べるだけでなく、履歴書にも箔が付きます。自分だけの武器を作ってください。

CTR IMG