演繹法と帰納法とは

演繹法と帰納法の意味

演繹法とは、事実や一般的な法則(一般論)から結論を導き出す方法です。

(例)
 一般論:「人は人生で恋をする」
 事象:「Aさんは人だ」
 結論:「Aさんは人生で恋をするだろう」

帰納法とは、観察される複数の事案の共通項に着目し、結論を導き出す方法です。

(例)

 事象:「Aさんは恋をした」
 事象:「Bさんは恋をした」
 事象:「Cさんは恋をした」
 結論:「人は恋をする」

演繹法と帰納法の詳しい説明

ある問いに対し、自らの「主張」を述べる際には「根拠」を表す必要があります。主張と根拠が結びつかなければ説得力のある主張になりません。主張と根拠を結びつけるためのベースとなる「型」が“演繹法”と“帰納法”の二つです。

演繹法について

演繹法は事実や一般的な法則(一般論)から結論を導き出す方法です。

演繹法の説明


(例)

演繹法の例

帰納法について

帰納法は観察される複数の事案の共通項に着目し、結論を導き出す方法です。

帰納法の説明
(例)

帰納法の例

演繹法と帰納法の組み合わせ

帰納法により導いた結論を演繹法の一般論に用いて結論を導く方法もあります。

(STEP 1) 帰納法で結論を得る

帰納法で結論を得る例
(STEP 2) 帰納法で導いた結論を演繹法の一般論に用いる

 帰納法で導いた結論を演繹法の一般論に用いる例.
ロジカルシンキングの記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

ミッシー(MECE)の意味 MECEとはMutually Exclusive Collectively Exhaustiveの略で、日本語ではミッシーと呼ばれ、“モレなくダブりなく”の意味です。ある集団がモレもダブリもないように分類、分解さ[…]

当サイトのランダム記事2つ

変革のリーダーシップは変化の激しい環境下でリーダーはビジョンを共有し、メンバーの能力を引き出し、権限委譲を促進することで変革を実現できるという考え方が基本になっています。1980年代以降、アメリカの国際競争力低下を背景に、不確実性の高い中でも国際競争 […]

KBFの意味 KBFはKey Buying Factorsの略で、直訳では購買決定要因という意味です。顧客が多数の製品の中から最終的にある製品を購入する際、決め手となる要因をKBFと言います。例えば、スーパーの野菜売り場で有機野菜を手にしている主婦の […]



スポンサードリンク

ロジカルシンキングの最新記事8件

>経営学を詳しく学びたい人におすすめです

経営学を詳しく学びたい人におすすめです

ビジネススクールを運営する「グロービス」が提供する定額制動画学習サービスです。 私も重宝しておりますが、マーケティングや財務、テクノべートなどあらゆる動画が2,800本以上見放題なので、ビジネス書が不要になります。あと、めちゃくちゃ分かり易く、3分からの動画もあるので、スキマ時間にも利用できておすすめです。

CTR IMG