CATEGORY

リーダーシップ論

  • 2019年11月21日
  • 2019年11月21日

オーセンティック・リーダーシップとは

概略 オーセンティック・リーダーシップとは自分自身の価値観や信念に従って行動し、株主や上司に強いプレッシャーをかけられても不正会計やコンプライアンス違反などに決して手を出さず、強い倫理観でメンバーを導けるリーダーのことです。 本文 2000年代、売上 […]

  • 2019年11月19日
  • 2019年11月21日

倫理観に基づくリーダーシップとは

1990年代、世界で市場原理主義が広まって株主の力が強くなり、経営者の報酬も莫大な額になりました。企業は株主からのプレッシャーや自らの利益追求のため、粉飾決算や従業員の酷使(過労死問題)などの不祥事を度々引き起こすようになり、経営者らのマネジメントに […]

  • 2019年11月15日
  • 2019年11月19日

ジョン・コッターの八段階プロセスとは

遡ること1980年代、アメリカは日本をはじめとする新興国の成長に押され、これまでの方法では通用しなくなり、企業では変革が求められるようになりました。多くの企業で変革を試みましたが、ほとんどは失敗。ハーバード大学教授のジョン・コッターは失敗の原因を分析 […]

  • 2019年11月12日
  • 2019年11月15日

クルト・レヴィンの三段階変革プロセスとは

近年では変化が目まぐるしい時代になっており、時には既存の組織文化を破壊して新しい方法で変化に対処することが必要です。心理学者のクルト・レヴィンはこのような変革の成功には「解凍」,「変革」,「再凍結」の3つのプロセスが必要だと提唱しました。これがクルト […]

  • 2019年11月6日
  • 2019年11月12日

変革のリーダーシップとは

変革のリーダーシップは変化の激しい環境下でリーダーはビジョンを共有し、メンバーの能力を引き出し、権限委譲を促進することで変革を実現できるという考え方が基本になっています。1980年代以降、アメリカの国際競争力低下を背景に、不確実性の高い中でも国際競争 […]

  • 2019年10月31日
  • 2019年11月21日

SL理論とは

シチュエーショナル・リーダーシップ理論(SL理論)は1977年にハーシーとブランチャードが考案しました。「一人のリーダーであっても部下の成熟度によりリーダーが取るべき行動は異なる」とした考え方です。部下の成熟度に応じて求められるリーダー行動は4つのス […]

  • 2019年10月29日
  • 2019年11月21日

パス・ゴール理論とは

パス・ゴール理論は1971年にハウス (R.House)が考案しました。「部下が上手く目的(ゴール)に到達するためには、どのような道(パス)をたどれば良いかリーダーが把握し、適切な働きかけをすることが必要」とした考え方です。この理論では①集団の環境条 […]

  • 2019年10月27日
  • 2019年11月21日

PM理論とは

PM理論は1966年に社会心理学者の三隅 二不二(みすみ じゅうじ)が考案しました。リーダーに必要な行動は集団の目的達成や課題解決に関する行動P(Performance)と人間関係を良好に保ち集団の維持を目的とする行動M(Maintenance)の二 […]

  • 2019年10月21日
  • 2019年11月4日

リーダーシップとマネジメントの違い

リーダーシップとマネジメントの役割は異なります。これを理解しないと育成で間違えたり、仕事観のイメージが周りとずれてくるので、本記事でリーダーシップとマネジメントの違いを記載します。大きく分けると以下の点で異なります(下図)。 ●計画する 昨今のビジネ […]

  • 2019年10月20日
  • 2019年11月21日

リーダーシップの時代変化

リーダーシップの考え方は時代と共に変化しており、 ① 特性理論:リーダーシップは生まれつきの才能という考え方 ② 行動理論:教育や訓練でリーダーシップは身に付くという考え方 ③ 条件適応理論:リーダーシップの有効性は状況により異なるという考え方 と形 […]

>経営学を学びたい人におすすめです

経営学を学びたい人におすすめです

オンラインでマサチューセッツ大学のMBAを取得できます。経営学を学べるだけでなく、履歴書にも箔が付きます。自分だけの武器を作ってください。

CTR IMG