差別化戦略とは

差別化戦略の意味

差別化戦略とは、品質やブランド力など独自性を顧客に認めてもらい競争優位をとる戦略です。ハーバード大学経営学教授のマイケル・ポーターが提唱した3つの基本戦略の1つです。

 

差別化戦略の説明


図:ポーターの3つの基本戦略(ポーターは競合に打ち勝ち、競争優位を構築するには3つの基本的な戦略パターンがあるとしています)

差別化戦略を取る方法

一般的に①顧客に価値が認められ、②他社が容易に模倣できないなら差別化戦略を維持することができるとされています。

差別化戦略の実例

AppleはスマートフォンやPCなど幅広いセグメントをターゲットにしたコモディティ商品を販売しているにも関わらず、iPhoneやMacBookは業界内で明らかに差別化されています。これはAppleが美しく洗練されたデザインと圧倒的な操作性を追求し続け、顧客もそれを理解して価値を認めているからです。このようなブランドイメージの浸透は一朝一夕に行えるものではなく、他社は容易に模倣できません。スターバックスでコーヒーを飲みながら作業するならパナソニックのPCよりもMacBookですよね(もちろんパナソニックのPCは寿命が長く壊れにくいなど他の点で差別化ポイントがあります)。このようにAppleは差別化戦略で成功した企業と言えます。
.

経営戦略の記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

目次 1 集中戦略の意味2 集中戦略を取る方法3 集中戦略のメリット3.1 大企業と戦えるチャンスがある3.2 価格競争に巻き込まれづらい3.3 話題になり易い 集中戦略の意味 集[…]

当サイトのランダム記事2つ

目次 1 ブランドエクイティ(Brand Equity)とは2 ①ブランド認知2.1 ブランド助成想起率2.2 ブランド純粋想起率3 ②知覚品質4 ③ブランド・ロイヤルティ5 ④ブランド連想6 あとがき ブランドエクイティ(Brand Equity) […]

結論から書きます。新卒就活の一次面接では基礎能力、具体的にはコミュニケーション力や論理的思考力を見られることが多いです。面接官からの質問としては「チームとして学生時代に取り組んだことについて教えてください」や「学生時代に頑張ったことについて教えてくだ […]



スポンサードリンク