集中戦略とは

集中戦略とは、特定セグメントに集中しながらリソースを有効に使ってそのセグメントで競争に勝つ戦略です。ハーバード大学経営学教授のマイケル・ポーターが提唱した3つの基本戦略の1つです。更に集中戦略には低コスト(低価格)で競争に勝つコスト集中戦略と差別化で競争に勝つ差別化集中戦略の2パターンがあります。

 

集中戦略によるコスト集中戦略と差別化集中戦略の説明

.
図:ポーターの3つの基本戦略(ポーターは競合に打ち勝ち、競争優位を構築するには3つの基本的な戦略パターンがあるとしています)

集中戦略を取る方法

一般的に①ターゲットとなるセグメントを絞り込んで効率を上げ、②その市場で強み(コストや差別化)を活かして優位にいることで集中戦略を維持することができるとされています。

集中戦略のメリット

―大企業と戦えるチャンスがある

例えばポテトチップスは100円で売られていますが、これは大企業が大量生産し、コストリーダーシップを取って付けられる値段です。新たに別の小さな企業が参入し、普通のポテトチップスを200円で販売しても誰も買ってくれないでしょう。しかし、超高級じゃがいもと超高級塩を使用し、一枚が少し厚めのポテトチップスを百貨店でのみ販売すると500円でも買う人はいます。このように戦う場所を狭めることでそのセグメントでは大企業からでもシェアを奪うことができます。

―価格競争に巻き込まれづらい

先ほどの高級ポテトチップスで考えてみると、ターゲットとするセグメントが狭く、直接的な競争が起こりにくいので、価格を安くして他社と戦う必要がありません。

―話題になり易い

先ほどの高級ポテトチップスで考えてみると、ターゲットとするセグメントを狭めることで必然的にクセのある商品になり、SNSや口コミなどで話題になり易くなります。
.

経営戦略の記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

RBV(リソース・ベースト・ビュー)とは競争優位の源泉を企業の内部資源に求める戦略理論です。このブログではこれまで、5F(ファイブフォース)分析やポーターの3つの基本戦略など、競争戦略理論の観点で経営戦略を記載してきたので、今回は企業の内部[…]

当サイトのランダム記事2つ

全社戦略の意味 企業は経営理念や経営ビジョンの実現に向け、どの事業領域で戦い、どの事業領域からは手を引くのか、社内の限りあるリソースをどの事業領域にどの程度割くのかを決定する必要があります。このような経営理念や経営ビジョンの実現に向けた全社視点での戦 […]

世界最大客船のシンフォニー・オブ・ザ・シーズで西カリブ海を旅した際、メキシコのコスメルにも寄港したので、今回はコスメルを紹介します。 さて、コスメルはここにあります。 マヤ遺跡を人生で一度は見てみたかったので、少しコスメルから移動してトゥルムにも行き […]



スポンサードリンク