メキシコ コスメル 観光

世界最大客船のシンフォニー・オブ・ザ・シーズで西カリブ海を旅した際、メキシコのコスメルにも寄港したので、今回はコスメルを紹介します。

さて、コスメルはここにあります。

コスメルの場所

マヤ遺跡を人生で一度は見てみたかったので、少しコスメルから移動してトゥルムにも行きました。

コスメルからトゥルム遺跡の行き方
ちなみにタクシー代が普通に高く、45分乗って55ドル。コスメルからトゥルム遺跡の往復で船代入れて130ドルでした。旅行上手い人はバス乗った方がいいと思います。

コスメルとトゥルムの観光情報
言語:スペイン語が公用語。ただし英語通じる
通貨:メキシコペソ。ただし米ドル使用可能
タクシー:観光地では簡単に乗車可能

 

コスメル

船から見たコスメルはこんな感じ

シンフォニーオブザシーズから見たコスメル
船を降りたら直ぐにプラヤ・デル・カルメン行きの船乗り場へ。船は1時間毎に出ており、船を待っている間は港周辺をぶらぶらしていました。

コスメル港周辺のお店

.
コスメル港周辺の広場
かなり大きなメキシコ国旗が潮風と共になびいていました。いつか絵本で見たような港町がコスメルにありました。

コスメル港のメキシコ国旗
ちょうどいい大きさの船に乗り込んでプラヤ・デル・カルメンへ。地平線がいつの間にか自分の周りに円を描いてて、見渡す限り海でした。それでも船長は迷子にならず運転してくれたので30分程度で到着しました。

コスメル港からプラヤデルカルメン行の船から見た空

プラヤ・デル・カルメン

プラヤ・デル・カルメンはビーチやいい感じのカフェとかあって、オシャレな人が好きそうな街でした。

プラヤデルカルメンのビーチ
プラヤデルカルメン港の周辺のお店
プラヤデルカルメン港の周辺の広場

トゥルム遺跡

オシャレをまさかのメキシコで堪能した後はタクシーに乗って本命のトゥルム遺跡に行きました。トゥルム遺跡はマヤ文明末期(13~15世紀)に栄えた城壁都市の遺跡で、沿岸部にあって海水浴もできる遺跡として観光客に人気です。どこか遠い国にマヤ遺跡という古いものがあるらしい。ということはみんな小さい頃から知っていたと思いますが、実際に行くことはなかなか無いので、話のネタのためにも今回行けて良かったです。遺跡までは10分程度ジャングルを歩きます。

トゥルム遺跡入口のジャングル
ジャングルコースを出た後は急に広場に出て遺跡が広がります。

トゥルム遺跡の広場
トゥルム遺跡と空
トゥルム遺跡と海
目を閉じたら当時の暮らしがぼんやりイメージできるほど、何かパワーもらいました。イグアナが野生で普通に歩いているのにも驚きました。

トゥルム遺跡と野生のイグアナ

こんな感じでコスメルとトゥルム観光は終了。今度から友達とかと海外旅行の話になったらマヤ遺跡に行ったと自慢します。

関連記事:
シンフォニーオブザシーズ船内/ロアタン/コスタマヤ/ココケイ/マイアミ

.
管理人のブログ記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

世界最大客船のシンフォニー・オブ・ザ・シーズで西カリブ海を旅した際、バハマのココケイにも寄港したので、今回はココケイを紹介します。 さて、ココケイはここにあります。遊んでいたら知らぬ間に日が沈んでいる。そんな島です。 ココケイはロイヤル・[…]

当サイトのランダム記事2つ

近年では変化が目まぐるしい時代になっており、時には既存の組織文化を破壊して新しい方法で変化に対処することが必要です。心理学者のクルト・レヴィンはこのような変革の成功には「解凍」,「変革」,「再凍結」の3つのプロセスが必要だと提唱しました。これがクルト […]

これまで、マクドナルドの売上を上げるには?や無人島に一つだけ持っていくなら?など、グループワークでありそうな難問を実際のワークを想定して解答例を記述してきました。しかし、就活本番でこのような問題が出てくると、自分たちの考えた施策はこれでいいのかと終盤 […]



スポンサードリンク