マズローの欲求6段階説とは

実は欲求段階には6番目が存在すると晩年のマズローは気づきました。これは作り話ではなく、フォーラムで実際にマズローが語ったそうです。マズローの欲求5段階に続く6段階目は「自己超越欲求」という段階です。具体的には自分だけでなく、他の人々も豊かにしたいという欲求です。聖マリア学院で校長を務め、上流階級の子女に教育を行っていたマザーテレサが校長を辞職し、貧困と疫病の酷かった土地で学校や孤児院を開設したのは彼女が自己超越欲求まで到達していたからだと考えられます。

1900年代後半の当時 、この6段階目に達している人々は人口の2%程度だと言われていました。しかし社会が豊かになるにつれ、6段階目に到達する人は増えてくることが容易に予想されます。マーケティング観点で考えると、これまで2%と考えていたセグメントが5%、10%と拡大することになるので、6段階目まで到達した人々を今後、ターゲットにする必要も出てきます。なので、いつか役立つことを信じて今回はマズローの欲求6段階説を記載しました。
.
関連記事:
マズローの欲求5段階説/動機付け理論/マレーの欲求リスト
.
リーダーシップ論の記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

目次 1 アルダファーのERG理論の意味2 マズローの欲求5段階説との比較2.1 欲求の順序は人によって異なる2.2 上位の欲求不満を下位の欲求で満たす3 あとがき アルダファーの[…]

当サイトのランダム記事2つ

経営戦略とは外部環境の機会と脅威に対して自社の強みと弱みをマッチングさせながら自社の目標を達成するためのアクションプランを検討するための分野です。しかし、明確な定義は無く、そもそも経営戦略が発展したのは第二次世界大戦後なので、学問としてはまだ歴史も浅 […]

近年では変化が目まぐるしい時代になっており、時には既存の組織文化を破壊して新しい方法で変化に対処することが必要です。心理学者のクルト・レヴィンはこのような変革の成功には「解凍」,「変革」,「再凍結」の3つのプロセスが必要だと提唱しました。これがクルト […]



スポンサードリンク

リーダーシップ論の最新記事8件