マズローの欲求6段階説とは

実は欲求段階には6番目が存在すると晩年のマズローは気づきました。これは作り話ではなく、フォーラムで実際にマズローが語ったそうです。マズローの欲求5段階に続く6段階目は「自己超越欲求」という段階です。具体的には自分だけでなく、他の人々も豊かにしたいという欲求です。聖マリア学院で校長を務め、上流階級の子女に教育を行っていたマザーテレサが校長を辞職し、貧困と疫病の酷かった土地で学校や孤児院を開設したのは彼女が自己超越欲求まで到達していたからだと考えられます。

1900年代後半の当時 、この6段階目に達している人々は人口の2%程度だと言われていました。しかし社会が豊かになるにつれ、6段階目に到達する人は増えてくることが容易に予想されます。マーケティング観点で考えると、これまで2%と考えていたセグメントが5%、10%と拡大することになるので、6段階目まで到達した人々を今後、ターゲットにする必要も出てきます。なので、いつか役立つことを信じて今回はマズローの欲求6段階説を記載しました。
.

リーダーシップ論の記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

1950年代、心理学者であり経営学者であるダグラス・マクレガーは「人間は本来怠け者であり、強制されなければ仕事をしない」とするX理論と、「人間は生まれつき仕事が嫌いという訳では無く、条件次第では自ら進んで働く」とするY理論の二つの考え方があ[…]

当サイトのランダム記事2つ

ポーターの3つの基本戦略の意味 1980年、ハーバード大学経営学教授のマイケル・ポーターは競合に打ち勝ち、競争優位を構築するには3つの基本的な戦略パターンがあるとしました。これがポーターの3つの基本戦略です。 コストリーダーシップ戦略 広いセグメント […]

理系から文系就職する場合など、大学での専攻と志望する業界や職種がずれた場合には「なぜウチの業界にしたの?」って面接官に必ず聞かれます。もちろんその場合には熱い志願動機を語ってやればいいのですが、その熱い思いをロジカルに話せれば最高です。今回の記事では […]



スポンサードリンク