マズローの欲求6段階説とは

実は欲求段階には6番目が存在すると晩年のマズローは気づきました。これは作り話ではなく、フォーラムで実際にマズローが語ったそうです。マズローの欲求5段階に続く6段階目は「自己超越欲求」という段階です。具体的には自分だけでなく、他の人々も豊かにしたいという欲求です。聖マリア学院で校長を務め、上流階級の子女に教育を行っていたマザーテレサが校長を辞職し、貧困と疫病の酷かった土地で学校や孤児院を開設したのは彼女が自己超越欲求まで到達していたからだと考えられます。

1900年代後半の当時 、この6段階目に達している人々は人口の2%程度だと言われていました。しかし社会が豊かになるにつれ、6段階目に到達する人は増えてくることが容易に予想されます。マーケティング観点で考えると、これまで2%と考えていたセグメントが5%、10%と拡大することになるので、6段階目まで到達した人々を今後、ターゲットにする必要も出てきます。なので、いつか役立つことを信じて今回はマズローの欲求6段階説を記載しました。
.
関連記事:
マズローの欲求5段階説/動機付け理論/マレーの欲求リスト
.
リーダーシップ論の記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

目次 1 アルダファーのERG理論の意味2 マズローの欲求5段階説との比較2.1 欲求の順序は人によって異なる2.2 上位の欲求不満を下位の欲求で満たす3 あとがき アルダファーの[…]

当サイトのランダム記事2つ

就活の面接で「あなたの短所は何だと思いますか?」と頻繁に質問されます。これについて誰でも使えそうな回答例を思い付いたので今回の記事に記載します。結論、「私の短所は整理整頓が苦手なことです」と答えれば良いです。本来しっかり自己分析して自分にあった内容を […]

変革のリーダーシップは変化の激しい環境下でリーダーはビジョンを共有し、メンバーの能力を引き出し、権限委譲を促進することで変革を実現できるという考え方が基本になっています。1980年代以降、アメリカの国際競争力低下を背景に、不確実性の高い中でも国際競争 […]



スポンサードリンク

リーダーシップ論の最新記事8件