動機付け理論とは

人がどのようにしてやる気が高まるのかを研究した理論を動機付け理論(モチベーション理論)と言います。リーダーはメンバーに対して動機付けを行い、やる気を持って目標達成のために行動してもらう必要があるため、動機付け理論とリーダーシップ理論は切っても切れない関係にあります。動機付け理論は「何が人を動機付けするのか」に重きを置いた内容理論から「なぜ、どのようにして人は動機付くのか」に重きを置いた過程理論の順に発展してきました。
.

内容理論とは

1950年代、「何が人を動機付けするのか」「人はどのような欲求を持っているのか」といったモチベーションのWhatに重きを置いた研究が心理学を中心に進みました。後の記事で詳しく記載しますが、マズローの欲求5段階説X理論Y理論などが展開され、現在でも動機付け理論の礎になっています。

過程理論とは

人が強い欲求を持っていたとしても、動機付けが強くなる時もあれば強くならない時もある。「なぜ、どのようにして人は動機付くのか」といったモチベーションのWhyやHowに重きを置いた研究が経営学をも巻き込んで進みました。メンバーのやる気をどのようにして高めることができるかといったビジネス視点の期待からブルームの期待理論アダムスの公平理論が展開され、現在の動機付け理論の中心になっています。このように内容理論から過程理論へと動機付け理論は発展しました。
.
関連記事:
マズローの欲求5段階説/マズローの欲求6段階説/ブルームの期待理論
.
リーダーシップ論の記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

そもそも人はどのような欲求を持っているのでしょうか?この問いに対してアメリカの心理学者アブラハム・マズローはマズローの欲求5段階説を提唱しました。人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が充たされると次々に高次の階[…]

当サイトのランダム記事2つ

目次 1 目標設定理論の意味2 適切な目標設定方法2.1 具体性2.2 難易度2.3 受容度2.4 フィードバック3 あとがき 目標設定理論の意味 目標設定理論とは1968年にアメリカの心理学者ロック(Locke)によって提唱された「どのようにして人 […]

ロジックツリーは一つのことをどんどん分解していくのに便利な手法です。具体的にはまず大本となる課題やテーマを設定し、そこから枝分かれさせながら要素を書き出し、設定したテーマを分解していきます。例えば“利益”をロジックツリーで分解すると以下のようになりま […]



スポンサードリンク

リーダーシップ論の最新記事8件

>経営学を詳しく学びたい人におすすめです

経営学を詳しく学びたい人におすすめです

ビジネススクールを運営する「グロービス」が提供する定額制動画学習サービスです。 私も重宝しておりますが、マーケティングや財務、テクノべートなどあらゆる動画が2,800本以上見放題なので、ビジネス書が不要になります。あと、めちゃくちゃ分かり易く、3分からの動画もあるので、スキマ時間にも利用できておすすめです。レビューも書いたので少しでも気になる方はコチラを読んでいただけたら嬉しいです。

CTR IMG