PM理論とは

PM理論は1966年に社会心理学者の三隅 二不二(みすみ じゅうじ)が考案しました。リーダーに必要な行動は集団の目的達成や課題解決に関する行動P(Performance)と人間関係を良好に保ち集団の維持を目的とする行動M(Maintenance)の二要素で構成されるとし、リーダーシップのタイプは以下の四象限あると実証研究で明らかにしましました。

PM型:目標を達成する力があり、集団を維持してまとめる力がある理想のリーダータイプ
Pm型:目標を達成する力はあるが、集団を維持してまとめる力は弱い(仕事ができるが人望が無い)
pM型:目標を達成する力は無いが、集団を維持してまとめる力はある (人はいいが仕事はできない)
pm型:目標を達成する力が無く、集団を維持してまとめる力も無いリーダー失格タイプ

PM理論が確立されたのは、リーダーシップ行動理論(教育や訓練でリーダーシップは身に付くという考え方)が主流の時代です。しかし、その後の研究で条件適応理論(リーダーシップの有効性は状況により異なるという考え方)が主流になりました。(参考:リーダーシップの時代変化)
PM理論はリーダーに必要なPとMの二要素を明らかにし、リーダーがどのような点に配慮すべきかについて説明しておりますが、必ずどんな状況でもPM型が優れたリーダーとは言い切れません。例えば、短期的に早急な課題解決が必要な現場ではPm型(仕事ができるが人望が無い)のリーダーが必要とされるかもしれません。よって、PM理論とはリーダーシップをPとMの二要素で四種類のリーダータイプに分けられることを明らかにした理論だと理解しておけば良いです。
.
リーダーシップ論の記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

パス・ゴール理論は1971年にハウス (R.House)が考案しました。「部下が上手く目的(ゴール)に到達するためには、どのような道(パス)をたどれば良いかリーダーが把握し、適切な働きかけをすることが必要」とした考え方です。この理論では①集[…]

当サイトのランダム記事2つ

規模の経済性の意味 製品を多く生産すればするほど、その製品一つ当たりのコストを安く抑えることができます。これを規模の経済性と言います。そもそもコストは人件費や土地代など、生産量がどれだけ増えても変わらない固定費と材料費や電気代など生産量に比例して増え […]

期待理論は1964年にブルームにより提唱されました。動機付けの強さは期待×道具性×誘意性の掛け算によって決まるという考え方です。 期待:目標の達成率 道具性:目標の達成によって、更に上の目標を達成するのに役に立つかどうか 誘意性:お金や昇進などの外発 […]



スポンサードリンク