マーケティングとは

マーケティングに明確な定義はありませんが“モノが売れるための仕組み作り”と解釈すれば良いです。多くの著名人がマーケティングとは何かを語っていますが、マネジメントの権威ピーター・ドラッカー“マーケティングの役割は、販売を不要にするものである”と述べています。つまり、お客様に「買って下さい」と強い営業をかけるのではなく、お客様のニーズに合った商品を、お客様から見て自然に買いたくなる状態で提供することがマーケティングの役割だと述べています。

一昔前は、良い製品・サービスと強い営業力があればモノが売れる時代でした。(特に戦後、モノが無い時代は作れば作るだけモノが売れました)しかし今は巷にモノが溢れ、インターネットで商品を比較し、そのまま購入できる時代です。つまりお客様の選択肢が広まり、お客様の力が格段に強くなりました。今やお客様が本当に欲しいものを適切な時に適切なやり方で提供できなければモノは売れません。よって、今日、モノが売れるための仕組み作りとしてのマーケティングが重要なのです。
.
マーケティングの記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

マーケティングの考え方は時代と共に変化しており、マーケティング1.0の時代からマーケティング2.0、そして、これからはマーケティング3.0の時代がやって来ると言われています。 マーケティング1.0とは 「製品中心」のマーケティングで、製品を[…]

当サイトのランダム記事2つ

目次 1 ブランドエクイティ(Brand Equity)とは2 ①ブランド認知2.1 ブランド助成想起率2.2 ブランド純粋想起率3 ②知覚品質4 ③ブランド・ロイヤルティ5 ④ブランド連想6 あとがき ブランドエクイティ(Brand Equity) […]

期待理論は1964年にブルームにより提唱されました。動機付けの強さは期待×道具性×誘意性の掛け算によって決まるという考え方です。 期待:目標の達成率 道具性:目標の達成によって、更に上の目標を達成するのに役に立つかどうか 誘意性:お金や昇進などの外発 […]



スポンサードリンク