SL理論とは

シチュエーショナル・リーダーシップ理論(SL理論)は1977年にハーシーとブランチャードが考案しました。「一人のリーダーであっても部下の成熟度によりリーダーが取るべき行動は異なる」とした考え方です。部下の成熟度に応じて求められるリーダー行動は4つのスタイルがあるとしています。

教示型 (S1)

リーダーは具体的な指示命令を与え、仕事の達成をきめ細かく監視する。経験の乏しい新入社員や異動してきたばかりの部下に有効。

説得型 (S2)

リーダーは指示を少し減らし、指導しながら部下にも考えさせる。一人で普段の業務をこなせるようになった部下に有効。

参加型 (S3)

リーダーは考え方の方向を合わせた上で部下が意思決定できるよう努め、部下への配慮に重きを置く。非定型業務もこなせるようになってきた部下に有効。

委任型 (S4)

リーダーは意思決定と問題解決の責任を部下に任せる。リーダー後任として考えられるほどに成熟した部下に有効。


SL理論
パス・ゴール理論と似ていますが、より一層受け手である部下の状態に重きを置いています。部下の成熟度の査定をしっかり行い、部下が成長したタイミングでリードの仕方も変えましょう。いつまでも同じ指導では部下の成長を阻害しているということになります。
.
リーダーシップ論の記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

変革のリーダーシップは変化の激しい環境下でリーダーはビジョンを共有し、メンバーの能力を引き出し、権限委譲を促進することで変革を実現できるという考え方が基本になっています。1980年代以降、アメリカの国際競争力低下を背景に、不確実性の高い中で[…]

当サイトのランダム記事2つ

オーセンティック・リーダーシップの意味 オーセンティック・リーダーシップとは自分自身の価値観や信念に従って行動し、株主や上司に強いプレッシャーをかけられても不正会計やコンプライアンス違反などに決して手を出さず、強い倫理観でメンバーを導けるリーダーのこ […]

コストリーダーシップ戦略とは、広いセグメントをターゲットにし、スケールメリットを得ることで他社よりも低いコスト(低価格)で競争優位性をとる戦略です。ハーバード大学経営学教授のマイケル・ポーターが提唱した3つの基本戦略の1つです。 . 図:ポーターの3 […]



スポンサードリンク