クルト・レヴィンの三段階変革プロセスとは

近年では変化が目まぐるしい時代になっており、時には既存の組織文化を破壊して新しい方法で変化に対処することが必要です。心理学者のクルト・レヴィンはこのような変革の成功には「解凍」,「変革」,「再凍結」の3つのプロセスが必要だと提唱しました。これがクルト・レヴィンの三段階変革モデルです。

クルトレヴィンの三段階変革プロセスの説明

解凍

組織には必ず既存の価値観や伝統、方法論などに拘る人々がいるが、そのようなメンバーに新たな変化の必要性を理解させる準備段階。変革のリーダーは変化の必要性を理解させながら、その変化に対する不安を和らげて変革を推進する。

変革

変化に対し新たな体制や業務プロセスなどを取り入れ、メンバーに新しい行動基準や考え方を学習させる段階。変革のリーダーはビジョンを共有して共通認識を広げ、メンバーの心を統合しながら新たな方針を学ばせる。

再凍結

新しく導入した変革を定着させる段階。変革のリーダーは新しい行動基準や考え方を定着させるために、動機付けを行う。


以上がクルト・レヴィンの三段階変革モデルです。実際、皆様の会社でも全体集会で幹部が変化の必要性を訴え(解凍)、いつの日か見慣れないプロジェクトが走り(変革)、その後の全体集会でプロジェクトのフィードバックなどを行って考えを定着化させる(再凍結)ことなどが行われていると思います。クルト・レヴィンの三段階変革モデルは案外どこでも使われる扱いやすいフレイムワークなのです。
.
関連記事:
変革のリーダーシップ/ジョン・コッターの八段階プロセス
.
リーダーシップ論の記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

遡ること1980年代、アメリカは日本をはじめとする新興国の成長に押され、これまでの方法では通用しなくなり、企業では変革が求められるようになりました。多くの企業で変革を試みましたが、ほとんどは失敗。ハーバード大学教授のジョン・コッターは失敗の[…]

当サイトのランダム記事2つ

目次 1 ブルー・オーシャン戦略の意味2 市場の境界線を引き直す六つのパス2.1 ①代替産業に学ぶ2.2 ②業界内の他の戦略グループから学ぶ2.3 ③買い手グループに目を向ける2.4 ④補完財や補完サービスを見渡す2.5 ⑤機能志向と感性志向を切り替 […]

シチュエーショナル・リーダーシップ理論(SL理論)は1977年にハーシーとブランチャードが考案しました。「一人のリーダーであっても部下の成熟度によりリーダーが取るべき行動は異なる」とした考え方です。部下の成熟度に応じて求められるリーダー行動は4つのス […]



スポンサードリンク

リーダーシップ論の最新記事8件