ジョン・コッターの八段階プロセスとは

遡ること1980年代、アメリカは日本をはじめとする新興国の成長に押され、これまでの方法では通用しなくなり、企業では変革が求められるようになりました。多くの企業で変革を試みましたが、ほとんどは失敗。ハーバード大学教授のジョン・コッターは失敗の原因を分析し、8つのプロセスを通ることで変革を行うことができるとしました。これがジョン・コッターの八段階プロセスです。


1. 組織全体の危機感を高める
まずは時代の変化や問題を可視化して「現状を変える必要がある」と組織全体に認識させる。

2. 変革推進チームを結成
変革をリードする立役者を任命する。変革を主導できる権限、能力、パワーのある人が望ましい。

3. ビジョンの策定
ビジョンを生み出し、ビジョンを実現するための戦略を立案する。ビジョンは変革メンバーの拠り所となるため、実現が待望され、実現可能のイメージが付くことが望ましい。

4. ビジョンの伝達
設定したビジョンを組織全体に伝え、変革を促す。設定したビジョンを認知するだけでなく、理解・共感してもらうことが必要。

5. 組織全体の自発的な行動を促す
組織全体がビジョン達成に向けて行動していけるよう、障害となりうる組織構造やシステム、人事評価方法などを排除、改定する。

6. 短期的な成果を実現する
変革の勢いを維持するために、短期的な計画を設定し、成果に対し明確に報酬を与える。

7. 成果を生かし、更なる変革を進める
成果を積み上げて、より影響力のある人物を巻き込んだり、変革に馴染まない組織構造やシステムを改定して変革を推進する。

8. 変革を根づかせる
変革したビジョンを組織に定着させ、企業文化として定着させる


ジョン・コッターの八段階プロセスは、変革にはこれら8つのプロセスをそれぞれ飛ばすことなく、順を追って進めていく必要があるとしています。
.
リーダーシップ論の記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

倫理観の広がり 1990年代、世界で市場原理主義が広まって株主の力が強くなり、経営者の報酬も莫大な額になりました。企業は株主からのプレッシャーや自らの利益追求のため、粉飾決算や従業員の酷使(過労死問題)などの不祥事を度々引き起こすようになり[…]

当サイトのランダム記事2つ

これまで、マクドナルドの売上を上げるには?や無人島に一つだけ持っていくなら?など、グループワークでありそうな難問を実際のワークを想定して解答例を記述してきました。しかし、就活本番でこのような問題が出てくると、自分たちの考えた施策はこれでいいのかと終盤 […]

人がどのようにしてやる気が高まるのかを研究した理論を動機付け理論(モチベーション理論)と言います。リーダーはメンバーに対して動機付けを行い、やる気を持って目標達成のために行動してもらう必要があるため、動機付け理論とリーダーシップ理論は切っても切れない […]



スポンサードリンク