変革のリーダーシップとは

変革のリーダーシップは変化の激しい環境下でリーダーはビジョンを共有し、メンバーの能力を引き出し、権限委譲を促進することで変革を実現できるという考え方が基本になっています。1980年代以降、アメリカの国際競争力低下を背景に、不確実性の高い中でも国際競争を勝ち抜く方法が議論されるようになりました。当時アメリカは日本をはじめとする新興国の成長に押され、これまで通りの方法では通用せず、企業では変革が求められるようになります。リーダーシップ論観点では、通常業務の中でチームメンバーの成功や失敗に応じて報酬や懲罰を与えるような従来の「管理能力」に特化したリーダーではなく、環境変化に柔軟に対応できる「変革能力」を有したリーダー、つまり変革のリーダーシップが求められるようになりました。近年では更にグローバル化やインターネットの発達により、変化が目まぐるしい時代になっており、変革のリーダーシップがどの企業でも求められています。具体的な変革型リーダーの特徴として、①自ら変革の推進者として組織を率いる②勇気がある③人を信じる④価値によって動く⑤生涯に渡って学び続ける⑥複雑さ、曖昧さに対処できる⑦ビジョンを追う。の7点だとミシガン大学教授のノール・M・ティシーは述べています。次回以降の記事で詳しく述べますが、心理学者のクルト・レヴィンやハーバード大学教授のジョン・コッターは変革のプロセスを分解し、それぞれの段階で変革のリーダーがなすべきことを表してくれています。
.
リーダーシップ論の記事一覧はコチラ


スポンサードリンク


次の記事

近年では変化が目まぐるしい時代になっており、時には既存の組織文化を破壊して新しい方法で変化に対処することが必要です。心理学者のクルト・レヴィンはこのような変革の成功には「解凍」,「変革」,「再凍結」の3つのプロセスが必要だと提唱しました。こ[…]

当サイトのランダム記事2つ

1950年代、心理学者であり経営学者であるダグラス・マクレガーは「人間は本来怠け者であり、強制されなければ仕事をしない」とするX理論と、「人間は生まれつき仕事が嫌いという訳では無く、条件次第では自ら進んで働く」とするY理論の二つの考え方があるというこ […]

結論から書きます。面接で自己PRや志願動機のセリフを覚えるべきか迷っている方は多いと思いますが、セリフは覚えず、面接前に話の方向性を整理しておく程度で良いです。採用側の立場からして、最も確認したい部分は学生の人間性(内面)であり、セリフを覚えて発言さ […]



スポンサードリンク